2011年07月30日

■【Mac】【Homebrew】homebrewをインストール

Macでのパッケージ管理システムといえば,MacPortsやFinkが一般的かもしれませんが,
最近人気が出てきたhomebrewを今回インストールしてみました.
http://mxcl.github.com/homebrew/

homebrewは依存関係があるファイルを片っ端から取り込まないため,MacPortsと比べると容量が圧迫しないみたいです.
また,他のパッケージ管理システムとの重複を避けられる点もいいですよね.


では,インストール手順ですが・・・homebrewをインストールする前にさくっと
MacPortsをアンインストールします.
MacPortsが入っていると,homebrewと競合してしまって上手く動作しないようなので;;

$ sudo port -f uninstall installed



あと,MacPorts関連のフォルダも消してしまいましょう!

$ rm -rf /opt/local



では,準備が整ったところで・・・homebrewのインストールの開始です.

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/gist/323731)"


で,インストールが出来るのですが・・・rvmのRubyをデフォルトにしている人は注意です.
『/usr/bin/ruby』ではないと,エラーがでて失敗します.

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/gist/323731)"


で,インストールを始めるか,使用Rubyを『/usr/bin/ruby』に変更してからをおすすめします.


インストールが終了したら,パスを忘れずに通しておきましょう.
.zshrcや.bashrcに「 /usr/local/bin」のパスを追加します.
これで,インストールが終了・・・ではないのですよね.

homebrewはgitでバージョンアップを行っているようです.
ですから,まずgitをインストール

$ sudo brew install git


sudoを付け忘れると,次のようなエラーが出てくるので注意!!

Error: Cannot write to /usr/local



インストールが完了したら,homebrewのバージョンアップ!!

$ brew update



後は,MacPortsで使っていたものをインストールし直して・・・homebrewを楽しみましょう!
posted by shio_chan at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Homebrew | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。