2012年01月01日

■【Ruby】セルオートマトン

フォルダを漁ってたら面白いコードが出てきた。
こんな感じで動くコードです。

これは、Langtonの論文にある2次元セルオートマトン上の自己複製ループです。
簡単に説明すると・・・

219種類のパターンで自分を複製していく、セルオートマトン

詳しく知りたい方は、論文を読むとよいと思います。
Self-reproduction in cellular automata


コードはこんな感じでかけます。
https://github.com/shiori-11/ruby/blob/master/CA/ca.rb
書きなおしてみたけど、あんまり綺麗じゃない。
綺麗なコードが書けるようになりたいな・・・



posted by shio_chan at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。